軍事雑記

MV22オスプレイも参加 米海兵隊との実動訓練(フォレストライト02)|軍事NEWS

2019年2月4日〜15日の期間、陸上自衛隊と米海兵隊が実動訓練(フォレストライト02)を実施しました。今回はその様子をご紹介します。今年度の実働訓練は滋賀県の饗庭野演習場と同地域周辺で実施しました。

■今回の記事トピックス
●陸上自衛隊の第7普通科連隊基幹と米軍の共同訓練
●装備品
●訓練風景とその映像
●型式番号「HT-01B」の参加はなし

陸上自衛隊の第7普通科連隊基幹と米軍の共同訓練

この訓練の目的は、陸上自衛隊及び米海兵隊の部隊が、それぞれの指揮系統に従い、共同して作戦を実施する場合における相互連携要領を実行動(指揮機関訓練を含む)により訓練し、連携強化及び共同対処能力の向上を図ること。そして、沖縄の負担を軽減するため、沖縄県外での訓練の一層の推進を図ることも目的です。

実施部隊は、陸上自衛隊が「第3師団 第7普通科連隊基幹※」の約600名。アメリカ海兵隊員(沖縄県のキャンプシュワブとキャンプハンセン所属)は約340人が参加しました。

陸上自衛隊が米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイに乗り込み、米海兵隊とともに、敵陣地への侵入作戦などの訓練。そして陸自福知山駐屯地の部隊がオスプレイに乗り込み、海兵隊とともに敵基地を強襲する想定の演習を行ったり、米海兵隊員とともにコンクリートのビルに敵が潜んでいる場合の市街地戦闘訓練・負傷した隊員の救護活動などの演習を行ったようです。


出典:陸上自衛隊 フォレストライト02実動訓練の様子

※陸上自衛隊の第7普通科連隊基幹 第7普通科連隊は、京都府の福知山駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第3師団隷下の普通科連隊です。もともとは大阪にあった旧陸軍の第20連隊が引っ越してきてこの福知山駐屯地に設立されたらしいです。

装備品


出典:陸上自衛隊 74式戦車

装備品は以下の通りです。

◎陸上自衛隊89式5.56mm小銃
言わずと知れた自衛隊正式化の自動小銃。広報的な相性は「バディー」!でも現場では恥ずかしいのかその相性は使用せず「ハチキュウ」って呼ばれているとのこと。

◎5.56mm機関銃MINIMI
ベルギー国営銃器メーカー産の軽機関銃。ミニミっていう名前ですが長さは465mmなので別に小さくはないです。

◎81mm迫撃砲
64式81mm迫撃砲の後継「L16 81mm 迫撃砲」です。どうでもいいですがお値段は約1000万円です。

◎120mm迫撃砲
射程約10数Kmの迫撃砲。フランス産です。牽引用のタイヤがついているので移動に便利。汎用性が高い。

◎01式軽対戦車誘導弾
防衛省技術研究本部と川崎重工業が開発した純国産の個人携行式対戦車ミサイル。直径が約140mmで全長約970mmの陸上自衛隊の対戦車兵器。軽量化やコスト削減を徹底開発した日本の自信作。調達価格は約2,600万円。2,600万円でその何倍もする戦車を撃破できるなら安いもんです。

◎87式対戦車誘導弾
第2.5世代の対戦車ミサイルで型式名「ATM-3」。 こちらもまた日本が誇る国産です。レーザー誘導方式を採用している優れもので、しかも暗視装置と組み合わせて夜間の戦闘でも使用可能。ミサイル本体の重量は12kgなので3人ほどで持ち運びも可能。 広報活動の愛称は「タンクバスター」。これは「バディー」と比べてかなりかっこいい!使っていきたい名称と言えるんではないでしょうか。ほんとの通称は「中MAT」または「87ATM」ともいうらしい。やっぱ「タンクバスター」がええすね。そのまんまだけど。

◎74式戦車
戦後第1世代戦車「61式戦車」の後継として開発された純国産「二代目」の主力戦車がこの「74式戦車」。愛称は「ナナヨン」!そのまんま。第2.5世代に分類される戦車で開発は三菱重工業。後継機に第3世代の「90式戦車」そして「10式戦車」が開発されており、そのためこの「74式戦車」は年40輌ほどの退役し、世代交代している。寂しい。。。ちなみに完全退役している「61式戦車」。この名称を元にした戦車が「ガンダム」の作中に登場している。連邦軍配備の戦車であり、モビルスーツにガンガンやられる引き立て役として多いに活躍している。

◎航空機各種
UH-1・CH-47・AH-1そしてMV-22「オスプレイ」等、各航空機を演習に投入し実戦に近い演習を行った。

以上が主な装備品。そしてその補足説明でした。関係ない補足説明も多くてすみません。

訓練風景とその映像

陸上自衛隊で公表されている映像です。

サイトに紹介されている画像だと少し小さすぎてわかりにくいですが、こうして動画で見るとなかなか臨場感が伝わってきます。

型式番号「HT-01B」の参加はなし

74式戦車はこの実動訓練に参加していましたが、残念ながらHT-01Bの参加はありませんでした。 無理やり話を絡めようとして「マゼラアタック」の話を出してしましました。すみません。 マゼラアタックが、個人的に大好きなもんで。。。。 なにわともあれ陸上自衛隊及び米海兵隊の方々お疲れ様でございました!

参考:国内における米海兵隊との実動訓練(フォレストライト02)

アイキャッチ画像:Military_MaterialによるPixabayからの画像

 

関連記事

  1. 軍事雑記

    航空自衛隊のスクランブル999回 いずもの空母化は必然?!|軍事NEWS

    2018年度の航空自衛隊による緊急発進(スクランブル)の回数は999回…

  2. 軍事雑記

    世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事NEWS

    黒い、極黒の潜水艦「そうりゅう型」。実物は本当に黒いらしいです。実際に…

  3. 軍事雑記

    巨艦「いずも」空母化で自衛隊「最強」説!?各国が青ざめる自衛隊の軍備|軍事NEWS

    巨艦「いずも」の空母化が決まり、さらに自衛隊の「自衛力」が強化されてい…

  4. 軍事雑記

    全国各地で今年もブルーインパルスが空を舞う|軍事NEWS

    華麗なアクロバット飛行を披露する「ブルーインパルス」ですが、今年もイベ…

  5. 軍事雑記

    超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍事NEWS

    「ブラモス」はロシアとインドが共同開発した超音速巡航ミサイルです。この…

  6. 軍事雑記

    日本のエアフォースワン!?政府専用機B-777-300ER その性能は!|軍事NEWS

    「政府専用機」が世代交代ということで新しく任務運航に就くのが「ボーイン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 令和初!「富士総合火力演習」募集いよいよ開始!早速応募!【陸…
  2. レーザー兵器システムがさらに進化!出力が100%向上した新技…
  3. 令和元年度「サザン・ジャッカルー」合計1130名が参加!自衛…
  4. 世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事N…
  5. 航空自衛隊のスクランブル999回 いずもの空母化は必然?!|…
  6. 航空自衛隊F35A墜落の影響 購入計画に懸念の声|軍事NE…
  7. 超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍…
  8. 日本の空母「いずも」と世界の空母を比較 その実力とは|軍事N…
  1. 軍事雑記

    令和初!「富士総合火力演習」募集いよいよ開始!早速応募!【陸上自衛隊】|軍事NE…
  2. 軍事雑記

    航空自衛隊F35A墜落の影響 購入計画に懸念の声|軍事NEWS
  3. 軍事雑記

    MV22オスプレイも参加 米海兵隊との実動訓練(フォレストライト02)|軍事N…
  4. 軍事雑記

    軍備単価 ダントツ1位イージス・アショア 他の軍備単価も改めて見て見た|軍事NE…
  5. 軍事雑記

    超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍事NEWS
PAGE TOP