軍事雑記

軍備単価 ダントツ1位イージス・アショア 他の軍備単価も改めて見て見た|軍事NEWS

年始に発表された2019~2023年度の中期防衛力整備計画に盛り込まれた主要装備の単価をあらためて見てみました。ダントツの単価は陸上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」!1基当たり約1224億円です。なかなかのお値段。中小企業なんかバンバンM&Aできる金額です。 って一般市民の金銭感覚を持ったものさしではかるのはナンセンスですね。普通に軍備の単価がどれくいか興味が湧いたのでメインとなる軍備を羅列してみます。

■今回の記事トピックス
●イージス・アショア 1224億円
●F35B 未公表(おそらく130億ぐらいかな?)
●F35AやらE2DやらC2などなど
●予算総額 2兆8000億円増
●余談 F35の147機体制→42機が空母対応を考慮した「F35B」
●日本って軍事費かけすぎじゃないの?
●また話はそれますが

 

イージス・アショア 1224億円

期待の新星、防衛省が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」ですが、1基単価1224億円と発表されています。これは本体のお値段で、プレステで言うとこのほんとに本体だけです。これでソフトである「ミサイル」やら、メモリーカードのようなオプション「イージス・アショア自体の防護対策や弾薬庫」など含めると、2基導入で総額6千億円以上となると試算されています。 6千億円で防衛が強化されるなら安いような、高いような。高くないような。そんな感じです。

F35B 未公表(おそらく130億ぐらいかな?)


Military_MaterialによるPixabayからの画像

日本への導入が話題の「F35B 」ですが「中期防衛力整備計画」では未公表になっています。「今後の適正な取得に影響がある!」といことで 「買う前から価格言っちゃたらその価格で縛られるっしょ」と言うことなんでしょうか?昨年9月ごろには129億円具代とされていましたが、輸入価格になるとさらに高くなるらしいです。それを40機買っちゃいますので、130億円×40機=5200億円ですね。これもなかなかの金額です。

話題の最新鋭のステルス戦闘機「F35」は、2024年度以降も含め105機追加購入する予定。このように高額装備品をかなり導入するので全体的な予算が多くなるようです。
近隣諸国の脅威に備え、そしてそれを理由にアメリカが「もっといい装備揃えたほうがいいよ〜」って流れから、高額商品お買い上げする流れになった。んじゃないかと推測されるます。

 

F35AやらE2DやらC2などなど


Military_MaterialによるPixabayからの画像

F35Aは単価116億円。E2D早期警戒機は262億円。C2輸送機は223億円。結構航空自衛隊の軍備単価は高いですね。陸上自衛隊の機動戦闘車は8億円だからめっちゃ可愛く見えてきます。海上自衛隊は潜水艦やら護衛艦なのでもちろんお高いですが、潜水艦の単価は647 億円、F35Bが5機で潜水艦1隻か。。。潜水艦安い!?どうなんだ???

予算総額 2兆8000億円増

中期防衛力整備計画の予算総額は、2013年に策定された予算の約24兆6700億円から約2兆8000億円上積しています。前期で述べたF35の大量購入のお話&「イージス・アショア」2基そして早期警戒機「E-2D(アドバンスド・ホークアイ)」9機(これがまたお高いんです)をなんやかんや購入するので、巨額調達が膨らみました。さすがに膨らみすぎた金額を抑えるため、合理化などコスト削減計画を進める方針のようです。

余談 F35の147機体制→42機が空母対応を考慮した「F35B」

現在200機保有している「F15」戦闘機のうち、99機の代替機として「F35」を購入する計画です。すでに42機購入決定。加えて105機購入するので全部合わせると147機体制になります。そしてこのうち42機は空母いずもへの搭載や、滑走路の短い離島での運用を念頭に置き、短距離離陸・垂直着陸対応の「F35B」を購入する。
F35は組み立ての最終段階を国内で行なっているが、米国直輸入と比較してすると最終組み立てを国内側で行なうとコストが高くなるため、前期で述べたコスト抑制をふまえ、完成機輸入を検討するとのことです。

日本って軍事費かけすぎじゃないの?


Pete LinforthによるPixabayからの画像

こうなってくると日本て軍事にお金かけすぎじゃないの?かと思いますが、指標の一つとされていた「防衛費はGNP1%まで」の基準は守られているようで軍事の予算はGDPの約1%のようです。(GNPとGDPは違いますが。。。)これは軍事に力を持った先進国でも割りあいでいうと最低限の方。ちなみにアメリカはGDPの約3%、ロシアは約4%、中国約2%。なので日本の軍事に対する予算はそこまで高くないことがわかります。なので高額と感じている軍備購入も、グローバルな視点からするとおおよそ普通のことなんだと感じました。

話はそれますが

ほんとに話はそれるのですが。。。あのデアゴスティーニが発刊していた『週刊 ガンダム・ファクトファイル』に載ってた(と思うのですが)情報によるとRX-78の製造費はRGM-79の何と20倍。宇宙世紀の物価がよくわかりませんが、RGM-79がF35Aと同じ116億円として、RX-78の価格は2320億円。「イージス・アショア」より格段に高い!!!あっほんとにどーでもいい話でした。 RX-78はあれだけの性能だから当たり前のコストではあると思いますがやはり高かったんですね。パイロットの能力が優れていたことも高い戦闘能力の要因ではあったと思いますが。。。何の話だ。。。。
「イージス・アショア」もより能力の高い方に管理していただき、能力を十二分に発揮していただきたいと思いました。

アイキャッチ画像:skeezeによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 軍事雑記

    超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍事NEWS

    「ブラモス」はロシアとインドが共同開発した超音速巡航ミサイルです。この…

  2. 軍事雑記

    全国各地で今年もブルーインパルスが空を舞う|軍事NEWS

    華麗なアクロバット飛行を披露する「ブルーインパルス」ですが、今年もイベ…

  3. 軍事雑記

    世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事NEWS

    黒い、極黒の潜水艦「そうりゅう型」。実物は本当に黒いらしいです。実際に…

  4. 軍事雑記

    航空自衛隊のスクランブル999回 いずもの空母化は必然?!|軍事NEWS

    2018年度の航空自衛隊による緊急発進(スクランブル)の回数は999回…

  5. 軍事雑記

    レーザー兵器システムがさらに進化!出力が100%向上した新技術を発表|軍事NEWS

    奴は戦艦並みのビーム砲を持っているのか!」あの少佐を驚かせたビームライ…

  6. 軍事雑記

    令和元年度「サザン・ジャッカルー」合計1130名が参加!自衛隊・米豪軍との実動訓練|軍事NEWS

    令和元年度豪州における米豪軍との実動訓練(サザン・ジャッカル)が実施さ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 令和初!「富士総合火力演習」募集いよいよ開始!早速応募!【陸…
  2. レーザー兵器システムがさらに進化!出力が100%向上した新技…
  3. 令和元年度「サザン・ジャッカルー」合計1130名が参加!自衛…
  4. 世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事N…
  5. 航空自衛隊のスクランブル999回 いずもの空母化は必然?!|…
  6. 航空自衛隊F35A墜落の影響 購入計画に懸念の声|軍事NE…
  7. 超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍…
  8. 日本の空母「いずも」と世界の空母を比較 その実力とは|軍事N…
  1. 軍事雑記

    MV22オスプレイも参加 米海兵隊との実動訓練(フォレストライト02)|軍事N…
  2. 軍事雑記

    巨艦「いずも」空母化で自衛隊「最強」説!?各国が青ざめる自衛隊の軍備|軍事NEW…
  3. 軍事雑記

    軍備単価 ダントツ1位イージス・アショア 他の軍備単価も改めて見て見た|軍事NE…
  4. 軍事雑記

    VS海賊 護衛艦「さみだれ」& EU海上部隊 共同訓練を実施|軍事N…
  5. 軍事雑記

    航空自衛隊のスクランブル999回 いずもの空母化は必然?!|軍事NEWS
PAGE TOP