軍事雑記

日本のエアフォースワン!?政府専用機B-777-300ER その性能は!|軍事NEWS

先日、航空自衛隊が3月24日、千歳基地の特別航空輸送隊格納庫で「政府専用機」の機種交代式典を開催しました。
ご存知とは思いますが「政府専用機」とは、政府要人の輸送、在外の自国民保護などのために使用される航空機のことです。
所有・運航は日本国政府。防衛省航空自衛隊が管理・運用を行なっています。

アメリカの「エアフォースワン」とはちょっと位置付けが違いますね。
(エアフォースワン自体はもともとコーセルサインですし。。。)
ですが大まかに言ってしまえば「似たようなもん」です。
大事な要人を輸送する専用機ってことかな。

この「政府専用機」が世代交代ということで新しく任務運航に就くのが「ボーイング-777」。
現行機は「B-747-400」ですが、2018年度末の3月31日をもって退役予定でとなるそうです。
ではこの「B-747-400」と「B-777-300ER」は何が違うのか?っとふと疑問に思ったので調べてみました。

■今回の記事トピックス
●「ボーイング-747」の実績
●「B-747-400」と「B-777-300ER」その違いは
●エアフォースワンは747シリーズ
●政府専用機と言えば・・・

「B-747-400」の実績


出典:航空自衛隊ホームページ

さかのぼること1991年9月に初号機を、同年11月に2号機を、総理府が民間機として受領しました。
翌年の1992年4月に、千歳基地に「臨時特別航空輸送隊」が編成されて晴れて自衛隊機となリます。1993年2月に初の任務運航に就きました。
この25年の間、100カ国を訪問。269カ所に寄港。任務運航は349回っとなかなかお忙しく大活躍されていました。
15代にわたる総理大臣の「外遊」などを支え、PKOや邦人救出といった自衛隊の国際活動で活躍しました。
民間の飛行機ではないですのでお目にすることはほぼない飛行機ですが結構お仕事していたみたいですね。

「B-747-400」と「B-777-300ER」その違いは

簡単な比較は下記の通り
◎航続距離/B-747-400が約1万2600キロ、B-777-300ERが約1万4000キロ(航続距離 増)
◎エンジン/B-747-400が4基のGE製CF6、B-777-300ERは2基の同GE90(燃費向上)
◎最大離陸重量/B-747-400の約363トン、B-777-300ERは約348トン(やや減少)
このB777-300ERは元々、B747-400(初飛行1988年)の後継用途を念頭に開発された機種で他にも候補機がいましたが今回、次期政府専用機に採用されたのは当然とも言えます。
B777の種類は大きくいうと「B777-200」と「B777-300」に分類されます。200と300の違いは全長の長さ。「200」は63.7m。「300」は73.9mとなります。
ですのでこの300はより大きい輸送力を確保したものになります。
ちなみに300の後ろに付いている「ER」は「Extended Range」の略。これが名前に付く場合は「航続距離が高められた機体」という意味になります。
上記をまとめると今回「B-777-300ER」は長ーくなって輸送力も優れている上、航続距離も長い優れた機体ということになります。

エアフォースワンは747シリーズ

アメリカ合衆国大統領専用機のVC-25もボーイングの747シリーズです。ですので日本の政府専用機とよく比べられるそうです。でも大きな違いとしてはアメリカ合衆国大統領専用機は「政府」用ではなく、「大統領」専用機であること。なんとアメリカ大統領が個人が公私にわたって自由に使えちゃうってことが全然違うところです。国内遊説の遠征、選挙戦への遠征、さらに休暇時お出かけにも使えます。あくまで良識の範囲ないですが。。。

日本だったら何言われるかわかったもんがないですね。

もちろん、日本の政府専用機は国有資産。内閣総理大臣が自由自在に使うことは許されていません。あくまで使用は公用に限られます。そしてほぼ外国への移動に使われ、国内使用はほぼありません。アメリカとの国土の違いもありますが。国内で使われるとしたらサミットなど国内遠隔地における外国首脳との会談が関係する使用のみとなります。

政府専用機と言えば・・・

政府専用機といえば「逆襲のシャア」でクェス・パラヤが撃ち落とした自分の父が乗っていた政府専用巡洋艦。いやあれ政府専用機ではないか・・・。立派そうで偉そうなお父さんだったのでなんとなく「政府専用機」だった気がしてるだけでした。個人的で申し訳ないですがクェス・パラヤは如何ともしがたい感情を抱いてしまいます。あの性格、あのキャラクターはなかなか腹ただしい。。。

ということで新型政府政府専用機「B-777-300ER」を今年4月1日より任務運航に就き大空へ羽ばたきます。一般の方には関係ないですが今後の活躍に乞うご期待です。

アイキャッチ画像/出典:航空自衛隊ホームページ

関連記事

  1. 軍事雑記

    日本の空母「いずも」と世界の空母を比較 その実力とは|軍事NEWS

    モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを・・・教…

  2. 軍事雑記

    令和元年度「サザン・ジャッカルー」合計1130名が参加!自衛隊・米豪軍との実動訓練|軍事NEWS

    令和元年度豪州における米豪軍との実動訓練(サザン・ジャッカル)が実施さ…

  3. 軍事雑記

    世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事NEWS

    黒い、極黒の潜水艦「そうりゅう型」。実物は本当に黒いらしいです。実際に…

  4. 軍事雑記

    レーザー兵器システムがさらに進化!出力が100%向上した新技術を発表|軍事NEWS

    奴は戦艦並みのビーム砲を持っているのか!」あの少佐を驚かせたビームライ…

  5. 軍事雑記

    VS海賊 護衛艦「さみだれ」& EU海上部隊 共同訓練を実施|軍事NEWS

    この3月、自衛隊の派遣海賊対処行動水上部隊 護衛艦「さみだれ」とEU海…

  6. 軍事雑記

    巨艦「いずも」空母化で自衛隊「最強」説!?各国が青ざめる自衛隊の軍備|軍事NEWS

    巨艦「いずも」の空母化が決まり、さらに自衛隊の「自衛力」が強化されてい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 令和初!「富士総合火力演習」募集いよいよ開始!早速応募!【陸…
  2. レーザー兵器システムがさらに進化!出力が100%向上した新技…
  3. 令和元年度「サザン・ジャッカルー」合計1130名が参加!自衛…
  4. 世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事N…
  5. 航空自衛隊のスクランブル999回 いずもの空母化は必然?!|…
  6. 航空自衛隊F35A墜落の影響 購入計画に懸念の声|軍事NE…
  7. 超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍…
  8. 日本の空母「いずも」と世界の空母を比較 その実力とは|軍事N…
  1. 軍事雑記

    日本の空母「いずも」と世界の空母を比較 その実力とは|軍事NEWS
  2. 軍事雑記

    令和元年度「サザン・ジャッカルー」合計1130名が参加!自衛隊・米豪軍との実動訓…
  3. 軍事雑記

    軍備単価 ダントツ1位イージス・アショア 他の軍備単価も改めて見て見た|軍事NE…
  4. 軍事雑記

    超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍事NEWS
  5. 軍事雑記

    全国各地で今年もブルーインパルスが空を舞う|軍事NEWS
PAGE TOP