軍事雑記

超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍事NEWS

「ブラモス」はロシアとインドが共同開発した超音速巡航ミサイルです。このミサイルはロシアの対艦ミサイル(P-800 ヤーホント)をベースに作られています。命中精度も高く陸海空・潜水艦のいずれからも発射できる優れものです。

この「ブラモス」の射程距離が500kmまで拡張されバージョンアップしたという記事を目にしました。(参考/記事末参照)

今回は「ブラモス」そして「ミサイル」について調べたことをご紹介します。

■今回の記事トピックス
●空母キラー「ブラモス」
●そもそもミサイルとは
●日本にも最新鋭のミサイルを!
●ミサイルといえば

空母キラー「ブラモス」

対鑑ミサイルとして配置されている「ブラモス」は空母キラーとも呼ばれている。超音速巡航ミサイルの名の通りその速度はマッハ2.8。ともいわれていましたがこんどのバージョンアップでマッハ4.5以上を実現するとかしないとか。超超超音速巡航ミサイルになるようです。

そもそもミサイルとは


Su-27に搭載されたミサイル
出典:Kirill LyadvinskyによるPixabayからの画像

「ミサイル」というと実際にお目にかかることはなかなかありませんので、アニメやマンガで見た印象でモワッとしたイメージしかありませんが、実際には用途によって様々な種類に分類されています。ざざっと基本的に分類するとこんな感じです。

【対空ミサイル】

地対空誘導弾ペトリオット(PAC-3) 出典:航空自衛隊

戦闘機(飛行機/ヘリコプター)やミサイルを撃ち落すミサイル。単純に言うと「空からの敵機」を迎撃します。

【対地ミサイル】
戦車や装甲車など地上の車両、もしくは施設を攻撃するためのものミサイル。読んで字のごとく「対戦車ミサイル」と呼ばれたりもします。

対艦ミサイル
こちらは単純に言うと「海上の艦船」を攻撃するミサイル。対地ミサイルと基本的には同じです。たぶん。。。

【巡航ミサイル】

トマホーク巡航ミサイル
出典:wikimedia commons public domain

低空飛行して、地上施設等を攻撃するミサイル。飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行します。射程数百km~数千kmといった長大な射程をもつミサイルもあります。有名どころとしては「BGM-109(トマホーク)」。そして上記の「ブラモス」がこれにあたります。

【弾道ミサイル】

タイタンIIの発射
出典:wikimedia commons public domain

近年TVでも話題のミサイルです。ロケットを使用し一度大気圏外に出て、そこから弾道飛行を行い目標を攻撃するミサイルです。極超音速で巡航するのため迎撃は困難といわれています。反面、命中率が低いです。で、命中率が低いため広範囲で攻撃できる核弾頭をつけるのが普通ということになっています。困ったもんです。

【弾道弾迎撃ミサイル】

アラスカ州フォート・グリーリー基地にてサイロに装填中のGBI
出典:wikimedia commonspublic domain

上記「弾道ミサイル」を迎撃するためのミサイル。アメリカでは「パトリオットPAC-3」や「スタンダードSM-3MR」を開発し配備を完了。配備には、関連費用を含め約1兆円という超高額な予算がかかる問題がある。困ったもんです。

以上、あくまで基本に分けて見た分類です。
ザクでいうと「ザクⅡ」「ザクマリンレイヤー」「ザクキャノン」「デザートザク」「高機動型ザクⅡ」「陸戦型ザクⅡ」「06Rザク」やならんやらあるように、「ミサイル」も細分化されむちゃくちゃ種類ありますが。。。よくわかんないので省略します。

日本にも最新鋭のミサイルを!

日本にも新しく開発されたミサイルがあります。それは防衛省防衛装備庁が開発した空対艦ミサイル「XASM-3」。
2025年度にかけて、高速なマッハ5以上の極超音速で飛行可能なスクラムジェットエンジンで飛行する誘導弾へ技術開発する研究を行うらしい。実戦配備に向け順次実験中。
2018年当初で計15回に及ぶ発射試験が終了。そして2019年度から量産化する計画でしたが、近隣諸国の海軍艦艇の高性能化に対する射程の短さが問題となり2019年度の調達予算は計上されずです。しかし、早ければ2020年度から射程を最大200kmから約400㎞以上まで伸ばす計画が進行中。実現可能であれば調達予算にも承認が降りるかもしれませんね。

ミサイルといえば

「ブラモス」の情報からいろんなところにという話がそれましたが、ざっと「ミサイル」のお話でした。

ミサイルで思い出すのがGP-03の「デンドロビウム」ですね。ビーム兵器やビームサーベルなんかも装備していましたが、やはりあのミサイルだらけの外観は印象的でした。ビーム兵器は跳ね返す仕様になっていましたがミサイルが被弾したら、あのミサイルだらけの兵器はどうなってたんでしょうね。ただでさえ当てやすい大きさの機体でしたし。。。個人的には好きなんですけどね。

以上、「ブラモス」とそれと関係ない話諸々でした。

アイキャチ画像/出典:wikimedia commons public domain

記事冒頭 参考:sputniknews

関連記事

  1. 軍事雑記

    MV22オスプレイも参加 米海兵隊との実動訓練(フォレストライト02)|軍事NEWS

    今回は、陸上自衛隊は、米海兵隊との実動訓練(フォレストライト02)実施…

  2. 軍事雑記

    令和初!「富士総合火力演習」募集いよいよ開始!早速応募!【陸上自衛隊】|軍事NEWS

    令和元年初の「富士総合火力演習」参加募集がいよいよ始まりました。あっ参…

  3. 軍事雑記

    全国各地で今年もブルーインパルスが空を舞う|軍事NEWS

    華麗なアクロバット飛行を披露する「ブルーインパルス」ですが、今年もイベ…

  4. 軍事雑記

    レーザー兵器システムがさらに進化!出力が100%向上した新技術を発表|軍事NEWS

    奴は戦艦並みのビーム砲を持っているのか!」あの少佐を驚かせたビームライ…

  5. 軍事雑記

    世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事NEWS

    黒い、極黒の潜水艦「そうりゅう型」。実物は本当に黒いらしいです。実際に…

  6. 軍事雑記

    日本の空母「いずも」と世界の空母を比較 その実力とは|軍事NEWS

    モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを・・・教…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 令和初!「富士総合火力演習」募集いよいよ開始!早速応募!【陸…
  2. レーザー兵器システムがさらに進化!出力が100%向上した新技…
  3. 令和元年度「サザン・ジャッカルー」合計1130名が参加!自衛…
  4. 世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事N…
  5. 航空自衛隊のスクランブル999回 いずもの空母化は必然?!|…
  6. 航空自衛隊F35A墜落の影響 購入計画に懸念の声|軍事NE…
  7. 超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍…
  8. 日本の空母「いずも」と世界の空母を比較 その実力とは|軍事N…
  1. 軍事雑記

    令和元年度「サザン・ジャッカルー」合計1130名が参加!自衛隊・米豪軍との実動訓…
  2. 軍事雑記

    令和初!「富士総合火力演習」募集いよいよ開始!早速応募!【陸上自衛隊】|軍事NE…
  3. 軍事雑記

    巨艦「いずも」空母化で自衛隊「最強」説!?各国が青ざめる自衛隊の軍備|軍事NEW…
  4. 軍事雑記

    VS海賊 護衛艦「さみだれ」& EU海上部隊 共同訓練を実施|軍事N…
  5. 軍事雑記

    日本のエアフォースワン!?政府専用機B-777-300ER その性能は!|軍事N…
PAGE TOP