軍事雑記

レーザー兵器システムがさらに進化!出力が100%向上した新技術を発表|軍事NEWS

レーザー兵器用のハイブリッドパワーシステム ロールス・ロイスが開発

「奴は戦艦並みのビーム砲を持っているのか!」あの少佐を驚かせたビームライフルが実現しるかもしれません。アメリカ海軍は、レーザー兵器「ヘリオス(HELIOS)」を駆逐艦に搭載する計画を数年以内に具体化する見込みです。ロッキード・マーティン社が開発しているレーザー兵器「ヘリオス(HELIOS)」は、60kwクラスの高出力レーザーシステムになります。

しかし、この高出力を上回るパワーシステムをロールス・ロイス社が開発しました。

参考:DefenseNews

■今回の記事トピックス
●ロールス・ロイス社のハイブリッドパワーシステム
最大出力約100%UP
●継続的に高出力を使用できる画期的なシステム
●問題のコストは
●高まる指向性エネルギー能力開発技術
●高出力レーザー兵器導入実現に向けて
●戦艦並のビーム砲を持っているのか…

ロールス・ロイス社のハイブリッドパワーシステム

参考記事によると、ロールス・ロイス社の技術部門は、レーザー武器を戦場で実装するためのシステムを独自に開発してきました。このシステムは、AH-6ヘリコプターでも使用されている、自社のM250ヘリコプターエンジンを使用するシステムで、約300kwの電力を生成できるそうです。バッテリーとエンジンを組み合わせているため、ハイブリッドシステムといわれています。

最大出力約100%UP

冒頭で述べたレーザー兵器「ヘリオス(HELIOS)」(High Energy Laser and Integrated Optical-dazzler with Surveillance = HELIOS)システムは、60kwから150kwの安定した高出力レーザー兵器システムです。しかし、今回ロールス・ロイス社が開発したシステムですと、100kw〜最大約300kwまでの高出力を生成できるため、単純計算で100%UPの高出力レーザーが実現できるかもしれません。もちろん今回開発したシステムは300kwの高出力をどこまで安定供給できるかどうかはわかりませんが、この高出力のレーザー兵器が実現可能になればビームライフルやビームサーベルも夢ではないかもしれません。

継続的に高出力を使用できる画期的なシステム

ハイブリッドが主流になってきた10年前からレーザーシステムと連動する研究を重ねたロールス・ロイス社。タービンエンジンとバッテリーを組み合わせて、推進システム飛躍的に向上させる可能性を追求し、レーザー兵器を継続に使用できるハイブリッドシステムを構築したようです。このシステムは、レーザー兵器とともにコンパクトに収まるよう設計されています。自動車・トラックそして船舶、さらには航空機にも収めることができるサイズにパッケージ化することも目指しているそうです。これが実現すれば駆逐艦だけでなく、様々な兵器にオプション装備でき、多種多様な任務への汎用性が広がります。

問題のコストは

ロッキード・マーティン社のレーザー兵器「ヘリオス(HELIOS)」システムは、アメリカ海軍から、1億5000万ドル(約165億円)で2種類の新型レーザー兵器システムの開発・製造の契約を受注しています。今回、ロールス・ロイス社が開発したこのシステムのコストは、参考記事には明記されていません。レーザー兵器は安価で使いやすさを追求した兵器でもありますので、コストをどこまで押さえれるかが供給への鍵となるでしょう。


出典:wikimedia commons public domain アメリカ海軍:アーレイ・バーク級
※「ヘリオス(HELIOS)」システムの2種類の新型兵器のうち、1つは駆逐艦搭載型で、アーレイ・バーク級の既存のイージス戦闘システムに組み込まれます。もう1つは、固定タイプになり、ニューメキシコ州のホワイトサンズ・ミサイル実験場に広域試験のため送られています。

高まる指向性エネルギー能力開発技術

ロールス・ロイス社は、このシステムを実装する為に、数々のシステムの設計、テストを行ってきました。そしてまた、5月末から6月にかけてテストを行う予定です。 今年、ロッキード・マーティン社のレーザー兵器システムも実地テスト随時行っています。 ライバルであるロッキード・マーティン社と切磋琢磨する事で、指向性エネルギー能力開発の限界を押し広げています。

高出力レーザー兵器導入実現に向けて

顧客に、このようなシステムの有用性をアピールし、「大電力出力と対応する温度レベルを統合するという問題の多くを解決」することで、現在、研究開発している「低電力だが高出力」の高出力レーザー兵器がいよいよ実現するかもしれません。

戦艦並のビーム砲を持っているのか…


Peter FischerによるPixabayからの画像 

少佐。現状ではまだ無理です。が、その時が刻一刻と迫ってきた感はあります。サラミスとザンジバル・ムサイのようにビーム砲打ちまくりの宇宙世紀が近づいてきたようです。SFやアニメだけのものだと思っていましたが、まさか現代で実現する可能性があるとは。攻撃されたくはないですが、一度はこの目で見てみたいですね。

アイキャッチ画像/出典:wikimedia commons public domain

関連記事

  1. 軍事雑記

    世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事NEWS

    黒い、極黒の潜水艦「そうりゅう型」。実物は本当に黒いらしいです。実際に…

  2. 軍事雑記

    超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍事NEWS

    「ブラモス」はロシアとインドが共同開発した超音速巡航ミサイルです。この…

  3. 軍事雑記

    MV22オスプレイも参加 米海兵隊との実動訓練(フォレストライト02)|軍事NEWS

    今回は、陸上自衛隊は、米海兵隊との実動訓練(フォレストライト02)実施…

  4. 軍事雑記

    令和元年度「サザン・ジャッカルー」合計1130名が参加!自衛隊・米豪軍との実動訓練|軍事NEWS

    令和元年度豪州における米豪軍との実動訓練(サザン・ジャッカル)が実施さ…

  5. 軍事雑記

    航空自衛隊F35A墜落の影響 購入計画に懸念の声|軍事NEWS

    各局のニュースで大きく取り上げられているF35Aの墜落報道。世界各国で…

  6. 軍事雑記

    全国各地で今年もブルーインパルスが空を舞う|軍事NEWS

    華麗なアクロバット飛行を披露する「ブルーインパルス」ですが、今年もイベ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 令和初!「富士総合火力演習」募集いよいよ開始!早速応募!【陸…
  2. レーザー兵器システムがさらに進化!出力が100%向上した新技…
  3. 令和元年度「サザン・ジャッカルー」合計1130名が参加!自衛…
  4. 世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事N…
  5. 航空自衛隊のスクランブル999回 いずもの空母化は必然?!|…
  6. 航空自衛隊F35A墜落の影響 購入計画に懸念の声|軍事NE…
  7. 超音速巡航ミサイル「ブラモス」射程距離500kmまで拡大|軍…
  8. 日本の空母「いずも」と世界の空母を比較 その実力とは|軍事N…
  1. 軍事雑記

    航空自衛隊F35A墜落の影響 購入計画に懸念の声|軍事NEWS
  2. 軍事雑記

    日本の空母「いずも」と世界の空母を比較 その実力とは|軍事NEWS
  3. 軍事雑記

    巨艦「いずも」空母化で自衛隊「最強」説!?各国が青ざめる自衛隊の軍備|軍事NEW…
  4. 軍事雑記

    世界最強説!海自が誇る日本の最強潜水艦「そうりゅう」|軍事NEWS
  5. 軍事雑記

    航空自衛隊のスクランブル999回 いずもの空母化は必然?!|軍事NEWS
PAGE TOP